トーエイ物流のニュースレター
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
 
トラックの日常点検 ③
ご安全に

今回はタイヤ・ディスクホイール、灯火類とその他の点検項目を解説します。


≪タイヤ・ホイールディスク≫
● タイヤの点検

タイヤの設置面や側面に亀裂や損傷がないかを点検する。また、金属片・石・その他の異物が刺さったり、かみ込んだりしていないかをタイヤ全周にわたり点検します。

a0084665_13184944.jpg


● ホイールの点検

ホイール・ナットの脱落やホイール・ボルトの折損、さび汁、ホイール・ナットから突出しているホイール・ボルトの長さの不揃いなどの目視点検、ホイール・ボルトの折損やホイール・ナットの緩みが無いかを、点検ハンマーでホイール・ナットを叩き、指に伝わる振動や音の違いで判別して点検します。
※ナットに異常やゆるみがあると響きの悪い低い音になります。

a0084665_13192870.jpg


● ホイール・ナットの増し締め

ホイール・ナットにゆるみがある場合は、トルク・レンチを用いるなどにより、規定トルクで締め付ける。
※締め付け過ぎもトラブルの原因になります。

a0084665_1320487.jpg



≪灯火類≫
● 前照灯、ハザード、マーカーランプの点検

前照灯、テールランプ、ハザード、マーカーランプを「ON」にして各ランプが点灯または点滅すること、各ランプのレンズに汚れや損傷がないか、確実に取り付けられているかを点検します。

a0084665_1322191.jpg


a0084665_13223390.jpg


● ブレーキランプの点検

ブレーキ・ペダルを踏んだとき、ストップ・ランプが点灯するか点検します。
※1人で行う場合は、運転シートを前に出し、点検ハンマーをつっかえ棒にしてブレーキ・ペダルを踏んだ状態にすると点検できます。

a0084665_13225694.jpg


灯火類のバルブなどは、運行途中に切れる場合もあり、整備不良に該当するために運行の継続ができなくなります。点検のみならず交換用を常備するようにして下さい。


≪その他≫
● スペアタイヤ

いざという時に使用できないと言うことが無いように、スペアタイヤに異常がないかを確認します。

● 装備品が揃っているかの点検。

非常信号用具、停止表示板、検査証、保険証、定期点検整備記録、工具、などの装備品を確認します。

a0084665_13232321.jpg



走行中のタイヤのバーストや脱輪は、重大な事故に繋がります。毎日コツコツとホイール・ナットを叩くことで万が一の重大事故を防止します。
我々プロドライバーは日常点検を確実に実施して事故防止に繋げています。

記者:S.O
[PR]
by toeilogistics | 2016-07-20 15:51 | 雑記

<< 会社の歴史と共に‥ エコで暑い夏を快適に!!【大型... >>