トーエイ物流のニュースレター
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 
<   2016年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
冬の交通事故防止
冬の交通事故防止

ご安全に。
ここ最近の寒波で雪の予報が出ています。
昔は雪が降ると嬉しくて駆け回っていたのですが、嬉しさ・楽しさよりも面倒くさいという感情の方が強くなってしまいました。老いた感じがして少し寂しい今日この頃です。

さて、先ほども触れましたがここ近年降雪による交通事故が増加しているように感じます。
雪だけでなく、路面の凍結などいつも以上に運転に対して気を付けなければなりません。まだスタットレスタイヤに換装していない方は、早めの換装をお願いします。また、必要に応じてチェーンを巻くなどの対策も効果的です。
路面の状況が変化しやすく、運転が難しくて非常に怖い時期です。外出する際は、いつもより時間に余裕を持って出発するなど、心に余裕のある状態を作り出すことが大切です。
冬のレジャーは幻想的で美しいものが多く、私個人も楽しみにしています。皆さんも安全運転で、楽しい冬を過ごしましょう!


豆知識 アイスバーン時の運転について

アイスバーンは冬期期間に起こる交通事故の原因として最も多く挙げられており、降雪
地方の方にとって凍結路面の運転テクニックは必要不可欠のものとなっています。
以下に、気を付けて頂きたい項目と運転の仕方を記載します。

•発進時
路面がアイスバーンの時は、タイヤのグリップ率が格段に落ちています。アクセルをゆっくり踏みこみながら発進しましょう。MT車なら2速から、AT車ならクリープ現象を利用すると良いでしょう。

•カーブ時
カーブへ進入する際は極力スピードを落とすようにしましょう。曲がり角度にもよりますが、目安としては20km/h付近まで落とすのが良いでしょう。

•停止時
アイスバーンの時は、車の停止距離が非常に長くなり、乾燥路面と比較した時に約3倍近くも長くなると言われています。そのため、エンジンブレーキやポンピングブレーキを駆使して、前方の車と10m以上離れた停車を心がけましょう。
•上り坂
アイスバーンの坂を登る場合は、発進時と同じ要領でゆっくりとアクセルを踏み、少し高めのギア設定で登ると良いでしょう。

•下り坂
坂の下りは低めの設定でギアを使います。その際に、エンジンブレーキやポンピングブレーキを使い、タイヤがロックしないよう気をつけながら減速しましょう


安全品質推進室 K.K
[PR]
by toeilogistics | 2016-01-29 14:05 | 雑記
悩める時期です
こんにちは!

今年は暖冬傾向で、寒さ厳しい日がほとんど無いですね。
寒さが苦手な方には一安心でしょうか・・・
私は冬支度はしっかりしているので、若干暑く感じる日もありますが・・・

しかし・・・

仕事では毎年この時期は『悩める時期』となります。
それは、来期予算の検討が始まるからです。

各所長の皆さんは今年の状況、来期の施策を基に
予算を作成していきます。
皆さん、来期への意気込みが感じられるような予算を
作成していくのですが、皆さん『悩ましい時期』のようです。

とはいえ、予算に向かって邁進していくことが
会社が成長することに繋がると思いますので、
この『悩ましい時期』を乗り越え、明るい来期を
迎えたいと思います。

k-y.s


[PR]
by toeilogistics | 2016-01-14 12:00 | 雑記
点呼場
皆様、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

さて、2016年最初のブログ記事は、昨年11月にリニューアル増設した点呼場
の紹介です。
今までは、写真の通り4坪程度の小さなものでした。
そのため、点呼の時間帯によっては人数オーバーにより中に入れず、雨の日な
どは運行管理者、乗務員のみなさんともに大変苦労されておりました。
a0084665_16501313.jpg

そこで、8坪を増設(元の3倍の大きさ)。下記写真のようにレイアウトを変更
しました。
これで、雨の日に外で待つことなく点呼を受けることができるようになりました。

また、今回の増設で乗務員の休憩室を設けましたので、ウォーターサーバーや
ソファーを置いてリラックスできる空間も確保できました。
これからも少しづつではありますが、労働環境を改善していけたらと思います。
a0084665_16501865.jpg
h.y

[PR]
by toeilogistics | 2016-01-04 17:11 | 雑記